読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ感想

今週のお題「映画の夏」

 

ということで

 

先ほどの記事を「なかった」ことにしてやっていきます

 

 ゴジラやたら好きな友達からやたらすすめられたので

 

「じゃあターザン見に行ったら見に行くわ」

 

という交換で見に行くことに決めました

 

怪獣映画は見たことないし割と高評化っぽいからちょっとわくわくしてた

 

普段見る映画が映画なのでレイトショーでも人がいるのに驚きつつ上映開始

 

無能陣営による会議of会議

 

何らかの影響による水中トンネルの事故を完全に結論ありきの会議で終わらそうとしてたり謎の生物がでたら出たで今度は場所を変え特に生産性のない話し合いをしまた問題があったらとりあえず部屋を変え…

 

すげえなんというかトップは役に立たねえというか形式をとりあえず大事にするというか無能感が半端じゃなかった

 

ええ…これこういう皮肉った作品なん…?まあ面白いけどさ…ってちょっと困惑しながら見てた

 

ゴジラの登場

 

ずっと地中泳いでたゴジラがやっと起きてきたと思ったらなんかすごいきもかった

 

ゴジラもフォトショ修正使う時代かあ…とか思ってたらすごすご帰って行ったからあ、変身かってなって安心した

 

初登場時は対応もごちゃごちゃしてて対応遅れたとか言ってたけどとりあえず前半の行動見直しませんかね…

 

次に備えて特殊部隊みないなのできたんだけどそこにいる女がどうしても好きになれなかった

 

こういうのにありがちな変わり者だけど能力特化してる集団って好きだけどせめて普通にしゃべってくれとは思った 聞き取りにくいしなんか怖い

 

石原さとみは色々言われてるけどルー語以外はいいんじゃないですかね、一周回って好きだったよ

 

で、まあ二回目のゴジラ侵攻といったところで

 

見た目かっこいいけど手短くない!?ってなったけどかっこいいから問題なし

 

満を持して自衛隊が攻撃するも効果はまったくなく、戦車があえなく潰されてるところにガルパンおじさんの悲鳴を感じた

 

米国の攻撃は通ってUSA流石やなってなってたらすげえ切れ味のビーム出してそれが強すぎて笑った

 

完全に半傀儡状態だった総理がなかなか熱いこと言ってたのに一瞬で消されて悲しかった

 

そこからゴジラによって東京が火の海にされてたんだけど地下にいたら大丈夫だったりしてやっぱ地下鉄って神なんだなって思った

 

というか真面目な話地盤沈下とかは大丈夫だったんだろうか

 

ゴジラ機能停止による対策会議

 

完全に機能停止したけどどうやら15日で動き出すと

 

やばいから核落とすね^^とかいう鬼畜米兵に対抗すべくJAPANがなんとかほかに道はないか全力で画策するのは見ててなかなか熱い展開だった

 

その結果なんか小難しい話をしていたが低学歴にわかったことは「凍らせたらええんちゃう?」みたいな作戦だろうなーということだった

 

残された時間の中でなんとかしていこうっていうのは、まあ間に合わなかったわけだがなんとか自分たちの手で守りたいんだなってのが伝わってよかった

 

作戦決行へ

 

凝固剤も揃い、準備も万端、さあ作戦開始というところ

 

どうやってぶち込むんだ?って思ってたら電車で爆撃させて体勢崩してビルの下敷きにして固定、その後ホースで口の中からぶち込むとかいうクソ地味極まりない上にええ…それは効くの…?って感じする絵をひたすら見せられて困惑してた

30%くらいで第一陣が急に全滅したのが悲しい

 

っていうか近づくものは自動でビームかなんかで撃墜するはずでは…?ってなってたけどそんなのをさておいてなんか無事に100%ぶち込めたらしくゴジラの完全凍結に成功し、物語はハッピーエンドを迎えた

 

まとめというか思ったこと

 

ゴジラが暴れまわってるのを現代兵器で対抗するってのが怪獣物なんだろうかと思って見てたからかなり最後がしょぼく見えた

 

っていうか結構最後ご都合主義多かったような…っていうか核でゴジラは死ぬのでしょうか?ゼロ地点突破みたいな感じで吸収されるイメージだけど

 

総評はまあ…日本のトップと一般民衆はゴミってことと現場の人間は優秀なんやなっていう一昔前に聞いたような日本人像は楽しめた映画だった

 

肝心のゴジラはいまいち物足りなかったというか…そもそもゴジラでやる意味あったのかとは感じてしまった

 

歴代のゴジラ見てないからあんまりえらそうなこと言えないけど今回の見た感じではこういう感想でした

 

つまらなくはなかった、面白かったけどゴジラいる?っていうのがまとめかな

 

そんなところで